他社の借り入れを1社にまとめるおまとめローンの審査や評判

他社の借り入れを1社にまとめるおまとめローンの審査や評判

借り入れ件数が増えた場合の対処法

キャッシングの借り入れというのはどこかで増えてしまうと一気に雪だるま式に膨れ上がってしまう傾向にあります。これは返済の遅れをしたくないがために、どうにかして返済金を用意しようと他社からの借り入れを増やしてしまうためで、返済のための借り入れというのは多重債務への第一歩とも言われており、大変危険な借り方でもあるのです。

 

出来ることなら借り入れ件数は増やさないのが一番なのですが、過去に増やしてしまったものは仕方ないので返済をしていくしかありません。しかし、件数の多い返済というのは毎月の最低返済額だけでギリギリであり、どうしても余裕を持った返済が出来ないためになかなか借入残高が減らず、いつになったら完済できるのかと不安になることもあるでしょう。

 

そこで考えてみたいのが借り入れの一本化であるおまとめローンであり、膨らんだ借り入れを1社にまとめる事で利息の負担を大きく軽減出来ます。キャッシングの借り入れというものは借り入れ金額が大きくなるにつれて金利が下がりますので、1社から大きな金額の借り入れとなるおまとめローンにおいては金利の大幅な低下が望めます。

 

以下に簡単なおまとめ時の金利と利息の払いの比較を掲載していますので、借り入れ件数が増えて返済が苦しくなってきたという方は参考までに目を通しておくと良いでしょう。

 

低下する金利と利息の負担

大きな借り入れ金額で複数の借り入れを1社にまとめる事で金利が下がるおまとめローンは、消費者金融よりも主に銀行のカードローンで行われています。消費者金融に対しては年収の3分の1以上の借り入れが出来ない総量規制が関わるためという事もあり、銀行では「おまとめ」を良い商売道具として消費者金融との差別化を図る目的、あわせて消費者金融が持っている返済が出来る優良顧客の抱え込みで提供しています。

 

中でもおまとめに積極的と言われるのがネット銀行と言われるもので、基本的に店舗を持たずにオンライン上での操作、提携しているコンビニや銀行ATMでのお金の出し入れをするものです。

 

以前はジャパンネット銀行などでおまとめローンがよく行われていたようですが、現在はオリックス銀行が「おまとめOK」のカードローンを提供しています。こちらのオリックス銀行もネット銀行となるため、手続きは全て来店不要で、借り入れのための口座開設も不要となっているのでスムーズな借り入れができ、金利面もおまとめOKとしているだけあって低水準となっています。前置きがかなり長くなりましたが、以下がおまとめ時の金利や利息の比較となります。

 

◆50万円を4社から(合計200万円)18.0%の実質年率で借りている場合
30日間で発生する利息は約29,589円

 

◆オリックス銀行カードローンで200万円の借り入れを行った場合
30日間で発生する利息は約9,863円~21,041円

 

負担が軽くなるおまとめローン

その差額は最大で20,000円近くになり、おまとめをすることで合計200万円の借り入れの場合はこれだけの利息負担が軽減できることになります。なぜこれだけの差が出るのかというと、オリックス銀行カードローンでは限度額ごとに「コース」が設定されており、最高800万円の限度額まではそれぞれ限度額に応じた金利設定がされています。

 

200万円の借り入れの場合は「200万円コース」となるので、金利は年利で6.0%~12.8%と、消費者金融とは比べ物にならないていきんりでの借り入れとなるのです。

 

もちろん銀行ですので怪しい業者とは違い、安心しておまとめを行う事も出来るカードローンとなっていますので、膨らんでしまった借り入れ件数をどうにかしたい場合はオリックス銀行おまとめローン審査を申し込みを行うと良いでしょう。

 

とにかく手軽に借りたいならプロミス

プロミスでキャッシング申込みをする方法は3通りあります。それは窓口や自動契約機で申し込みを行う来店契約、ネットで申込みが完結するweb契約、申込書に記入をして送る郵送契約となっています。これらの契約方法にはそれぞれにメリットがあります。また利用する方によってはそのメリットがデメリットに感じる事もあるかも知れません。
プロミス豊橋での契約についても見ておいて下さい。

 

最も早く申込み手続きを済ませ、即日融資も可能となっているweb契約では、「早い、簡単、楽」という事でインターネットの環境にある方はweb契約を申込みの方法として選択する方が殆どであると思いますが、それでもインターネットの利用が不安だという方にとってはweb以外の方法で申し込みを希望される事でしょう。

 

そして誰にも会う事無く申込みをしたいという方は郵送による契約を選択されると思います。所定の場所に設置されている郵送用の申込書に必要な事柄を記入し、本人確認書類等も貼付してプロミス宛てに郵送をします。

 

その後申し込みが完了したならばプロミスから書類が返送されて来ますので、ご希望ならばその時点でプロミスに連絡をする事で、午後2時頃までの時間であれば当日の振込キャッシングも可能となります。そしてローンカードも郵送をされて来るので、コンビニのATMでの使用も可能となります。

 

それぞれの方の様々な都合に合わせた申込み方法がプロミスでは選択可能です。
プロミス由利本荘市でも契約方法はネットでも契約機でも選べるので、借り入れ希望にあわせて決めて下さい。

MENU